角川財団・朝日新聞社スペシャル 激動する世界と宗教 ー私たちの現在地ー
第1回 宗教と資本主義・国家 第2回宗教と暴力 第3回宗教と生命(いのち)
第1回 宗教と資本主義・国家
第2回宗教と暴力
第3回宗教と生命(いのち)
全回共通登壇者
全回共通登壇者
池上彰 佐藤優 松岡正剛
ジャーナリスト。名城大学教授。東京工業大学特命教授ほか。
作家。元外務省主任分析官。同志社大学神学部客員教授。
編集工学研究所所長。イシス編集学校校長。日本文化研究の第一人者。
池上彰 佐藤優 松岡正剛
ジャーナリスト。名城大学教授。東京工業大学特命教授ほか。
作家。元外務省主任分析官。同志社大学神学部客員教授。
編集工学研究所所長。イシス編集学校校長。日本文化研究の第一人者。
 
第1回 宗教と資本主義・国家

第Ⅰ部
対談:池上 彰×佐藤 優<90分>
「宗教は資本主義にどう関わっているのか」

第Ⅱ部
若松英輔講演:若松英輔<30分>
「人間中心ではなく、見えないモノへの多層的視座をもつこと」
1968年生まれ。批評家。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代―求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門受賞。2016年「叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦」にて第2回西脇順三郎学術賞を受賞。著書に『井筒俊彦 叡知の哲学』『霊性の哲学』『イエス伝』など。
碧海寿広講演:碧海寿広<30分>
「日本の近代仏教を紐解くと中世より面白い」
1981年東京生まれ。龍谷大学アジア仏教文化研究センター博士研究員。慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。専門は宗教学、近代仏教。著書に『近代仏教のなかの真宗―近角常観と求道者たち』『入門 近代仏教思想』など。

第Ⅲ部
パネルディスカッション:松岡正剛×Ⅰ部Ⅱ部の全登壇者<90分>

開催場所:有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F)
開催日:2017年8月19日(土)
開催時間:13時〜17時30分(予定)/開場12時
主催:角川文化振興財団
共催:朝日新聞社/KADOKAWA
参加費各回(税込):一般3000円 学生2500円
募集人数:各回600名(申し込み先着順)
お問い合わせ先:宗教シンポジウム事務局 03-5565-3464(平日10時〜17時 8月14日〜16日を除く)

※本ウェブサイトのいかなるコンテンツ(文章・写真など)は無断転載厳禁です。